講師の能力はどうか?

塾を選ぶ際に気を付けたいポイント

塾を選ぶ際には、自宅からのアクセスの良さや月謝など、様々な要素について検討しなければなりません。既に友だちが気に入って通っている塾であれば、入塾しやすいという傾向もあるでしょう。傷病により受講できなかった場合、どんなフォローをしてくれるかという点も、大切なポイントです。良心的な塾であれば、個人的に補講してくれたり、インターネット上で受講できるオンライン授業を提供してくれることもあります。カリキュラムやテキストも重要ですが、特に講師の質に注目しましょう。塾経営では、講師の人件費に最も経費を割いており、経営向上の点からも講師の採用や研修に力を注いでいるはずです。講師の質を見極めるには、通塾している生徒の口コミや評判も重要ですが、自分の目で確かめるのが一番です。体験授業や公開授業を行っている塾を選んで、自分の目で講師の授業を観察してみましょう。

塾講師の能力の見極め方

塾講師の授業を観察する際には、いくつかチェックポイントがあります。まず、塾講師の視線に着目しましょう。日頃から自信を持って授業に臨んでいる講師であれば、塾生の目をしっかり見つめて話す時間をできるだけ取るようにしています。ホワイトボードや黒板ばかり見ている講師は、生徒に対してあまり関心が高いとは言えません。パソコンを使って画面に映す授業でも同様で、パソコンの操作に気をとられるような講師より、効率よく画面を利用して如何にわかりやすく生徒に説明するかに重点を置いている講師が優秀だと言えるでしょう。次に、講師の言葉に注意しましょう。熟練した講師は、「えーと」や「あのー」といった無駄な言葉を挟みません。正式な訓練を受けた講師なら、そのまま書面に記しても文章になるよう、きちんと話ができます。話し方1つで講師の質がわかるので、体験授業や公開授業への参加は欠かせません。