個人経営の塾と大手の塾の違いとは?

大手の塾は進学に関するデータが豊富

大手の塾は個人経営の塾よりも生徒数が多い傾向にあります。そのため個人経営の塾よりも進学に関するデータが豊富である可能性が高いです。進学に関するデータを豊富に持っていると、過去のデータを基準に子どもに合った志望校をすすめてくれるというメリットが得られます。大手の塾は生徒数が多い分、何クラスかに分けられるケースが多いと言えます。同じレベルの生徒と授業を受けられるため、他の生徒と競い合いながら学力を上げられるという利点もあります。大手の塾では定期的にクラス替えも行われるため、上位のクラスを目指すという向上心も育まれやすいでしょう。大手の塾は生徒数が多いため、卒業生からの情報も豊富にあります。進学後の学校の様子についての情報も知れるため、進学後の情景を想像しやすいというメリットもあるでしょう。

個人経営の塾は周辺エリアのデータが豊富

個人経営の塾は地域に密着した指導を行うのが特徴です。周辺のエリアに関する情報を豊富に持っているため、今住んでいる場所から近いところにある学校を受験したいという考えを持っている人は、個人経営の塾の方が良いかもしれません。個人経営の塾は周辺の学校で行われるイベントや地域主催のイベントに関する情報を持っているケースが多いです。そのため学校の進行状況やイベントといったものに応じて臨機応変にカリキュラムを変更できるのが、個人経営の塾の強みだと言えます。自然災害が起きた場合にも迅速な対応ができるのが個人経営の塾の魅力でしょう。個人経営の塾は生徒数が少ないケースが多いので、1人1人の生徒の理解度に合わせた授業の進行が可能です。

グループで勉強をすると、あまりやる気ができませんが、中学生の塾は少人数なので、効率良く、学力を身に付けることができます。