個人経営の塾とは?

個人経営の塾の基礎知識

個人経営の塾ではどこかの企業や組織に所属することなく、講師などが自分自身で運営している塾を指します。講師によっては有名大学の出身者だったり、学校の先生や大手塾の元講師など様々な経歴の持ち主が経営していることが多いようです。入塾のためにテストを受ける塾もあったり、難関校を目指す個人経営の塾もあります。反対に生徒のペースに合わせて学べるように、幅広いタイプの生徒を受け入れているケースも珍しくありません。

授業内容や採用する教材は、経営者が選ぶことが多いようです。学校のカリキュラムに合わせて内容を考えたり、志望校に合わせたスケジュールを立てたりと塾によって方針が違っています。手作りのプリントを生徒に配ったり、小テストを定期的に行ったりと個人経営ならではのサービスもあります。

個人経営の塾のメリットは

個人経営の塾を選ぶと得られるメリットは、一人ひとりに合わせた学習内容を考えてくれることです。大手の塾や大規模な塾では一人ひとりに合わせたカリキュラムや教材を選ぶのは難しく、大勢の生徒に合わせた内容になることがほとんどです。皆で歩幅を合わせて授業を進めることを重視する傾向にあるので、一人ひとりをケアするのは難しくなります。ですが少人数の場合が多い個人経営の塾ではじっくり生徒と向き合う時間があり、生徒の学力に合わせたカリキュラムや教材が選べます。得意不得意をきちんと把握することも出来るので、しっかりとケア出来るのは大きなメリットです。学力が追い付かない部分は補習をしたり、人より多く課題を出したりと柔軟性があるのも良いところです。

高校生の塾の中には、学校にこだわらないで、一人ひとりの心身の状況を見ながら個別に指導する塾もあります。